結婚披露宴-01

結婚披露宴で流れたVTRに会場は笑いでいっぱい

結婚披露宴で流れたVTRに会場は笑いでいっぱい

同い年のいとこが結婚することになり、できるだけ手作り感のあふれるあったかいイメージの結婚披露宴にしたいから、手伝って欲しいと相談され、即OKしました。
共通の趣味が野球というふたりを紹介するため、なれそめをまとめたスポーツ新聞のようなパンフレットを作ったり、ウェルカムボードなど結婚披露宴に出席してくださる方々の笑顔を思い浮かべながら一緒に準備をしていました。
さらにお色直しの時に式場で流す紹介VTRも作って欲しいと依頼されたのですが、はてさてパソコンは使えるもののあれをどうやって作るのか検討もつきませんでした。
でもこれを引き受けたら2人のためにも必ずやりとげなければと思い、スキルアップも兼ねて挑戦することにしました。
経験者から使用するソフトのことや演出方法などを聞いたり、インターネットで調べたりして下準備はOK。
さていよいよ作成にとりかかろうか・・・と思ったのですが、肝心の2人の写真がなかなか届きません。
やはり当事者たちはとっても忙しいようで、写真を選ぶ作業に取り掛かれない様子でした。
もしこれから披露宴で自作のVTRを流したいと思っている方がいらしたら、早めの準備をオススメします。
写真のほかに小さい頃のエピソードやご両親へのメッセージなども考えておくと良いと思います。
こちらの育毛シャンプー人気口コミランキングも是非ご覧になってください。



いよいよVTR作成に取り掛かりました。
写真を取り込むだけで簡単に出来るソフトもあったのですが、せっかくなので会場が盛り上がるような演出をしたいと試行錯誤して、新郎の成人式の真面目顔の写真にコメントをつけて面白い音楽をBGMにしてみたり、ふたりの写真だけではなく、出席してくださっている方々が映っている写真を入れて欲しいという新郎新婦からの熱い希望もあり、幼い頃の新郎新婦と出席されている方が一人でも多く映っているものなどを選んで組み込みました。
会場ではスクリーンに次々映し出される写真に『あ!お母さん若いね~』とか『おじさんも映っているね~』と見ている人達がニコニコしたり照れたり、写真が変わるたびあちこちで歓声が。
お色直しで二人が不在の間も白けることなく大盛り上がりでした。
ポイントはたくさんの人が映っている写真は映し出されている秒数を長めに取ることです。
そうすると昔の写真でも映っている人全員の顔をゆっくり見て探すことができ、見ている人もじっくり探すことが出来てよかったということでした。
手作り感いっぱいの結婚披露宴は、来場者全員が楽しむことができたとても印象に残るものになりました。
その後も親戚が集まるたびにそのVTRを見て楽しんでいるそうです。
こちらのサイトでは披露宴のオープニング映像などについて詳しい解説を記載していました。ぜひ、ご覧になってみてください。