結婚披露宴-01

結婚披露宴のウェルカムスピーチのポイント

結婚披露宴のウェルカムスピーチのポイント

そもそもの結婚披露宴会場選びのための見学から始まり、様々なホテルや専門式場、レストランウェディング、あるいはその他の会場を色々と見て回った上で、予算面、日程面、場所など様々な要素と新郎新婦の二人の結婚披露宴に対するコンセプトのすり合わせなどを通じて、ようやく場所が決定したとしても、ほっとするのもつかの間で、今度は直ぐに準備作業が始まるかと思います。
この結婚式の準備作業も、もちろん、結婚式をされた方は特に分かるかと思いますが、非常に大変です。
結婚式に参加いただく方の選定から始まり、スピーチや余興をやっていただく方への依頼、招待状の送付、音楽や各種イベントの準備、プランナーの方との数度の打ち合わせ、親族や遠方から来る方のための各種手配、引き出物・引き菓子の選定・準備、など非常にたくさんの苦労を乗り越えて、結婚式を迎えることになります。
そして新郎新婦にとっては、結婚披露宴で、まず最初にやることはもちろん、新郎新婦入場ですが、これはあくまで会場のスタッフの方の指示通りに動くということであるので、本当に自分たちで考えて対応しなければならないことという意味では、一番最初の山場はウェルカムスピーチの披露かと思います。
披露宴のウエルカム演出についてはこちらのサイトでも詳しい解説が記載されていました。

ここでは、このウェルカムスピーチの内容等に関して、考えておくべきポイントを整理してみたいと思います。
まず第一は、やはりきちんと事前準備しておきましょうということです。
当日の雰囲気を見て話すということも良いのでしょうが、やはり最初は緊張しているので、何も思いつかない可能性もあるので、新郎新婦で前日にもきちんと練習しておくのが良いかと思います。
2つ目は、これもやはりというようなものですが、新郎新婦の二人ともが話しましょうということです。
結婚式の参加者はもちろん新郎と新婦の関係者です。
ですので、招待した新郎と新婦双方から良く来て頂いたという感謝の気持ちを伝えることが良いかと思います。
最後に、一番重要な、ウェルカムスピーチの内容ですが、ここでは、大きく「感謝」と「方針」の2つを伝えるのが良いかと思います。
「感謝」とは、今日わざわざこの結婚披露宴に参加していただけたということに対するお礼の気持ちを伝えるということです。
「方針」とは、今日のこの結婚式をどんなものにしたいのか、参加者にどのような気分を味わっていただきたいのかという二人の思いを伝えるということです。
ウェルカムスピーチがうまく出来れば、緊張もある程度ほぐれると思いますので、きちんと準備して式に臨んでいただければと思います。
ゲストの方の祝辞や余興を見るときのマナーはhttp://www.theaudienceconference.com/gue.htmlに載っているので、参考にしてみてください。

▼結婚披露宴のオリジナル演出はこちら